その他お知らせの最近のブログ記事

 この度面白い仕事をさせ頂きました。  埼玉県にて地ビールの、醸造所兼レストランの施工に携わることが出来ました。
 川を眼下に見渡すことが出来る素晴らしいロケーションで完成すれば必ず話題になるなることと思います。
 今回は、MS社特許のピン工法の骨組みの外側をツーバイフォーのパネルと断熱パネルでかこんで塞ぐ工法で施工させて頂きました。 骨組みへの固定はすべてパネリードでおこないました。はっきり言って、とても大変でした。 でも終わってみると・・・・・・ やっぱり大変でした。
 
 完成した暁には、 みんなで伺って 美味しいビールで乾杯して こんな素晴らしいレストランに関われたことに感謝したいと思います。

 最近高齢化社会化が進み、特別養護老人ホーム等への木造建築の需要が非常に多くなってきています。
それに伴い 施工側の大型物件への体制も、安全面の再認識 施工可能規模の拡大 大型施設計画への各種専門技術の供与等色々な問題,課題が露呈して来ています。

 今までは、大型木造と言っても 100坪 200坪のアパートや100坪を超える個人住宅が限度でした。
これらに対しては、まだ旧体制のままで対応できていましたが、1,000坪 2,000坪を超える施設の計画に対しては特別な体制と 十分な経験が必要とされてきます。
 当社は、これまで皆様の協力の上に経験を積むことが出来、施工体制を整えることが出来ました。


 これまでの、施工実績を報告いたします。
   東京 東雲 450坪アパート
   相模原市 2000坪特別養護老人ホーム
   川崎市   400坪グループホーム
   新潟県   700坪平屋建て工場
   船橋市  1800坪特別養護老人ホーム
   埼玉県  1200坪デザイナーアパート
   埼玉市   350坪幼稚園
   静岡   2400坪特別養護老人ホーム
   茨城県  2400坪特別養護老人ホーム
   長野    150坪地域センター
   千葉    450坪リゾートホテル

T・Fネットワークブログ

暫くあいておりましたが、また新たなお仕事情報を掲載していきます。


平成26年3月 4月 船橋でまた特別養護老人ホームの施工をしてきました。全体で1740坪と言う大きさで今まで当社で施工した中で2番目の大きさでした。少々大型別件には慣れていると言え やはり緊張して大変な二ヶ月でした。こういう時改めて当社のスタッフの頼もしさが嬉しく 感謝したくなるものです。今回は、他業者との絡みもありその思いは、特に強く感じました。こうしてスタッフのおかげで また当社の信用信頼がまた一つ確かなものとなりました。そして今後の受注の為の大きな実績を残すことが出来ました。船橋南生苑.JPG船橋南生苑4.JPG

皆に大きな声で言いたい・・・・ 有難う!船橋南生苑6.JPG船橋南生苑7.JPG

職人としては、少し大変でも面白くて自分で満足できる仕事が出来ればと思います。

同じような建物ばっかり造っていると少し飽きてしまいますし、惰性で仕事をしているように感じてしまうことがあります。

大切なお客さまの建物です。惰性でなんて考えることは、あってはならないことですが、{やっぱりまた同じ様な建物か>と言う想いを持ってしまうことがあります。

 

少し大変でも記憶に残る面白い建物をやはり造りたいと思います。

じぶんで満足する建物を造りたいと思います。

こどもに自慢出来る建物を造りたいと思います。

 

皆さんもそうおもいませ三街道.jpgんか?三階堂渋谷1.jpg

現在の職人の報酬の低さにとても疑問をもっています。道具 保険 移動費用 老後の費用等すべて当人負担で現在常用18000円と言うのは、とても満足できるものではありませんし、とくに若者が魅力を持つような職業ではなくなってしまいました。

数年前小学生の将来なりたい職業に大工が上位になっていましたが、この金額では夢もしぼんでしまいます。

そこで当社では先月から金額の見直しと利益還元方法を模索し少しでも魅力のある報酬と環境での職場を目指しています。

その結果吉祥寺の物件では28000円 目黒の物件では26000円 下北沢の物件では28000円の報酬を確保できました。

すべての物件でボーナスとしての報酬アップを望むことは難しいとは思いますが今後も将来のために頑張っていきたいと思います。

当社の形態を少し特殊化し特徴を持たしたグループにし他社と差別化をしていきたいと思います。

当社のようにある程度人数が一度に動ける体制を持っているグループはその特徴を生かし一人親方の職人と仕事の住み分けをしていかなければならないと思います。

そのために今後大型物件(グループホーム、大型アパート、特養老人ホーム、特殊大型物件)、と高級注文住宅を中核に置き特殊化していこうとおもいます。

いままでの住宅も受注していきますが、その施工については、外郭グループに施工を移行していこうと思います。

内部 外部の協力が必要ですが、どうぞよろしくおねがいいたします。

 

この頃思うこと・・・・・・

年末は、とても寒い日が続き 日も短く、なかなか作業も思うように進みませんでした。

その中に、何か楽しみを見つけ、この寒さも季節の風物詩と感じ 仕事をして行きたいと思います。

その中にあって、回りを見渡すと 皆いい年になっており、若い人の姿がめっきり少なくなってしまっています。

若い人の参画がなくなってしまうと、現場に活気がなくなり、それがまた若い力が集まらないと言う 負のスパイラルに入っていってしまいます。どこかで これを断ち切らなければと思っていますが、なかなかいい方法が見付かりません。

 金額的にも魅力的な仕事となること

 技術的にも組み立て作業と言うものでなく大工仕事というプライドを持てるものにする

 生活を楽しむことが出来るような時間を確保できるような工期を取る

 等々色々考えており実行できるように努力していかなければなりませんが、 まず最初に当の我々が今のこの仕事が素敵でかっこよく、大好きである職業だと思えるようにならなければと思います。

 そのために 少しこころに余裕を持ち もう少しこころにプライドをもって まわりの人に心遣いが出来る大工さんになりましょう。

 

 

今度新しい 職人と建設会社をつなぐ 新しいネットワークを考えています。

簡単に 広範囲につなぐネットワークシステムです。・・・・・・・・・待ってて下さい。

若い職人の育成が大切

 ここ数年の不景気の為でしょうか、大工さんの数がとても少なくなってしまいました。 

 とくに若い人の参入が特に少なくなっています。 このままでは将来の住宅産業の行方にとても心配になってしまいます。

 もっと魅力的な業界にするよう何か手を打たなければなりません。

 どなたか良い方法はありませんか? 一緒に考えて下さい。・・・・・・・・・宜しくお願いいたします。

1
〒187-0032
東京都小平市小川町1-512-39
ご相談・お問い合わせはこちら